もう1か月前のお話になるんですけれど・・・。
高校3年間ずっと同じクラスで、入学初日からいつも一緒につるんでいた友人の結婚式にお呼ばれされました。

3年間ずっと一緒で、お互いの実家にお泊まりもしたし、中二病を患っていた(今もだけど)私に気を遣ってくれたり、喧嘩したり、進路のことで悩んで泣いたり、違う友人との喧嘩で泣いたりしたことを慰めたり・・・。
卒業以来、数年に1回会う程度になってしまいましたが、会ってもブランクを感じないくらいで、喧嘩腰で暴力的な私が唯一当たり前のように胸ぐらを掴んで詰め寄れるような(人として最低ですけど)、そんな仲の良い友人の結婚式。

美容室で髪をセットしてもらい、なるべく他の人と被らなそうなドレスで参加してきました。

ドレスのブランドは忘れました。
髪飾りはイノワのコサージュ、
靴はダイアナです。

二次会に行くつもりだったので、ちょっと雰囲気を変えるためにジャケットも用意しておきました。
結局使いませんでしたけど。
DSC_0339
ジャケットはPROPORTION BODY DRESSINGです。
5号でもちょっと大きい。

お外が寒かったので、当然コートも用意。
DSC_0340
今はなきPikyRingのロングコート。

高校時代のゲストは私、月1で会って遊ぶ程仲のいい友人の2人でした。
ロリイタとか好きなアニメとか、とても趣味の合う友人で、ドレスこそ違ったものの髪型と髪飾りがとても似ていて、会場で会ったとき思わず吹き出しちゃいました。

主役の花嫁は元々可愛い子だったのですが、ドレスを着たらますます美人で、高校時代のことを思い出すと大人っぽくなったなぁって。

当然のことなんですけど、高校時代って3年しかなくて、卒業してもう10年近く経ってて、知らないことの方が多いんだと思うと、いくらそのとき一番仲が良くてもいつかはそうでなくなてしまったりするんだなって思ったら何だか悲しくなってしまったり。
そんな話を当人にしたら、時々会って話をする中に出てくる私の友人に嫉妬したり、嬉しくなったり、私が結婚式で感じたこと、ずっと思ってたみたい。
そう思ったら何だかウジウジしてた自分が馬鹿らしくなって、ああ、きっと死ぬまで友達でいるんだろうな、友達でいたいなって思いました。

思春期みたいな内容の日記になってますけど、学生時代に「ズッ友だよ!」っていうのと、大人になってからずっと友達だろうって思うのとは重みが違うように思う。
人見知りで、自尊心が低くて、私が「友達」と呼べる人は両手で数えられるくらいですが、胸を張って友達だと言える友人の素敵な結婚式に参加させてもらえて、とてもうれしかったです。